このページでは壁面緑化についてご紹介いたします。

壁面緑化のポイントと特徴

壁面緑化とは、文字のとおりですが建物の壁を植物で覆うことを指しています。別名「緑のカーテン」と呼ばれることも多いようですね。

東京都ではヒートアイランド現象の対策として、緑化事業の一つとして位置づけられているようです。

最近ではショッピングセンターはもちろんのこと、大きな商業ビルでもよく見かけますよね。

実際に室内温度を下げたり、二酸化炭素濃度を下げる効果もあるようですが、私としてはどちらかというと、その場所にいる人達の心を和らげるという効果が大きい気がします。

おそらく導入を考えられている方がこのページを見ていると思いますので

簡もう少し説明しますと、グリーンの設置には主に設置型と壁などに装飾するという2つのパターンがあります。

それぞれメリットがありまして、

まず、設置型というのは床などに植物を設置する方法です。(こちらがオーソドックスなパターンかと思います)

メリットは、壁面と比較してコストがかからない事があるでしょう。

壁面の場合、大半が壁の工事や設置に関する工賃等でかなりコストが高くなることが多く、また日々のお手入れも専門の業者に依頼することになるかと思うのでランニングコストもそれなりにかかってしまいます。

一方、設置型の場合は、基本的には初回に植物を購入するときにかかるコストのみになることが多く、その後のお水やりなどは自分でやってしまえばランニングコストをかけることなくグリーンを導入することができます。

また、壁面に比べて、植物の選択肢が大幅に増えるため、お気に入りの植物が必ず見つかるかと思います。

デメリットとしては、やはり床置きだと設置可能な場所が限られてしまうので

グリーンの密度を高めたい場合には限界があります。

 

他方、壁面のメリットは、やはり壁全体を使って装飾を施すことのできるその美しさでしょう。

細かい植物をたくさん用いることによって壁一面に絵を描いたようなまるでアートな空間を作り出すことができます。それによりグリーンの密度も高まりますので、部屋中の空気が良くなったように感じることもメリットの一つと言えるでしょう。

デメリットは、先程も述べた通りコストがかなり高くついてしまうという点です。

自分たちでメンテナンスを行うことはほぼ無理ですので、専門業者に依頼することになりますので範囲にもよりますが、かなり高額になることが予想されます。

最近では、造花を用いてアレンジするケースも増えてきているので、そちらを検討してみるのも良いかもしれません!